HOME < 大釜焚き供養(縁日祭) < よくある質問

よくある質問

皆様からいただくよくある質問をまとめてみました。

  • 祈願料は1,000円以上でも構わないのですか?家族の場合は人数分が必要でしょうか?

    祈願料は基本的にお志ですので、1000円以上でもお受けいたします。ご家族については、祈願内容が同じ場合、それぞれ異なる場合でお考えください。

  • 大釜焚き供養の日に、熊本本院に参拝する必要はありますか?

    ご事情が許すなら、ぜひともご参拝ください。ともに供養を捧げましょう。しかし、参拝されなくとも、祈願を申し込まれた方のお名前、祈願内容は、下先生が六字明王様にきちんとお伝えいたしますので、ご安心ください。

  • 参拝したい場合は、どうすればいいですか?

    参拝ご希望の場合、下記の電話番号にご連絡をお願いします。
    TEL :096-242-9633(受付時間=午前10時~午後7時)
    熊本本院へは、熊本空港からタクシーで40~50分、JR熊本駅からはタクシーで30~40分です。なお、若干台数を収容できる駐車場がありますので、マイカーをご利用の方は、事前にお知らせください。

  • お札は通信販売で買い求めることができますか?

    現在のところ、お札の通信販売はしておりません。供養当日、境内でお買い上げいただける場合があります。

  • お札は、どこに祀ればいいのでしょうか?

    ご仏壇が最適でしょうが、祈願祭の場合は神棚でも構いません。両方ともない場合はサイドボード、棚などに祀ってください。ただし、ご自分の目線より上であることが条件です。そのうえで、お気持ちをこめて毎日、手を合わせるようにしましょう。

  • 古いお札は、どうすればいいでしょうか?

    お札は手にされてから1年のお勤めと考えてください。古いお札は守護の役割を果たさないばかりか、障りの出る場合もあります。1年経ちましたら、お札に感謝をこめて浄めのお酒と塩を振ったのち、そのまま処分しても構いません。近くの寺社で行なわれるお焚上げに付してもいいでしょう。それでもご心配な方は、熊本本院にお送りください。その際、誠に申し訳ありませんが、お札の処分料をいただいておりますので、くわしくは上記電話番号まで、お問い合わせください。

  • 毎月の御縁日祭のほかに、お祭りはあるのですか?

    このホームページでもご案内しておりますが、2月第一日曜日に「流生命 星まつり」、7月第一日曜日に「地蔵盆」、8月第一日曜日に「大施餓鬼供養」という大祭を施行しています。これらのお祭りには、全国から参拝の方がいらっしゃいます。その際には護摩札もお求めいただけます。皆様のご祈願がこめられた護摩札は下ヨシ子先生の導きのもと護摩焚きなどに付され、六字明王様にお伝えすることになります。
    それぞれのお祭りについては、事前にこのホームページ、下ヨシ子の携帯サイト、蓮花ファミリー倶楽部の会報誌紙『六水蓮花』などで告知いたしますので、そちらをご覧ください。

ページの先頭へ