HOME < 鳳凰の間のご紹介

鳳凰の間のご紹介

東京支部の2階に、数カ月かけて建築中でした鳳凰の間が完成致しました。 鳳凰の間ではたくさんの供物を整え、ご先祖様をはじめ有縁無縁の霊たちの施しを行う施餓鬼供養が行われます。 鳳凰の間と名付けたのも、入口から入った左の壁一面に鳳凰と蓮の花が見事に、鮮やかに描かれているからです。 完成を記念して、平成24年11月9日(金)に鳳凰の間で釜焚きを執り行い、 11月21日(火)に、新たに鳳凰の間の隣りで、下ヨシ子先生を始め、本院から、関西別院から、石川支部からと先生方がお集まりいただき、鳳凰の間の御法楽護摩炊きが行なわれました。

東京支部に来られた方は、是非、鳳凰の間をご覧いただいて、福運をお持ち帰っていただいたらと思います。

鳳凰の間のご紹介鳳凰の間のご紹介鳳凰の間のご紹介

クリックすると拡大します。

ページの先頭へ